検索結果

事業仕分け」の 1-10 / 13 件の結果を表示しています

平成23年度”ふじのくに”士民恊働事業仕分け(静岡県事業仕分け) 2011/10/17 0:23 最終編集: Tosiki Saito

2011年10月15日、16日の静岡県事業仕分けが終わったので、覚え書きと感想。 私は10月15日の第3班の県民専門委員として参加させていただきました。 最終的には292ページの資料が送られてきた。 この他にも、メールできているものがあった。 今年の静岡県事業仕分けでは県民評価者の皆さんが最終的な判定を行うので、 その評価にあたって判定が出来るような議論を展開したいと考えていましたが、 望むような議論の場になったかは、私自身、不確かです。 私が担当したのは ・6次産業化推進事業 ・ふじのくに「食の都」づくり推進事業費 ・外国人児童生徒トータルサポート事業費 ・全国総合体躯大会等派遣費助成 ・相互理解促進フォーラム等開催事業費 ...

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 平成23年度”ふじのくに”士民恊働事業仕分け(静岡県事業仕分け)

平成23年度”ふじのくに”士民恊働事業仕分け(静岡県事業仕分け) その後 2012/02/14 23:27 最終編集: Tosiki Saito

静岡県から、昨年関わった事業仕分けの結果対応が届きました。 静岡県議会で予算の審議が行われているので、いくつかの事柄が反映されていると思います。 参加したかいがあった、予算と審議結果を期待します。

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 平成23年度”ふじのくに”士民恊働事業仕分け(静岡県事業仕分け) その後

平成23年度”ふじのくに”士民恊働事業仕分け 結果 2011/10/30 22:26 最終編集: Tosiki Saito

静岡県の事業仕分け。 平成23年度”ふじのくに”士民恊働事業仕分け の結果がまとめられて、送られてきた。 私が関わった事業以外の内容も確認出来て大変参考になり、勉強にもなります。 こちらの、静岡県のサイトからも同じ内容が確認出来ます。 県民評価者として参加した方々の意見を読むと、今回のような形式が良かったと思えますし それぞれの方の真剣さが解ります。 それにひきかえ、静岡県の職員の方の事業仕分けに対する考え方が成熟されていないように思えます。 このサイトでも、何度か私の考え方を掲載していますが、 事業仕分けは事業廃止や静岡県の職員の方の仕事を批判するためだけにあるのではありません。 より効果的な予算の配分や硬直してしまっている作業のあり方を職員の方と県民が議論を深めることで ...

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 平成23年度”ふじのくに”士民恊働事業仕分け 結果

2011年静岡県事業仕分け 2011/08/18 18:44 最終編集: Tosiki Saito

2011年の静岡県の事業仕分けの専門委員としての依頼がありました。 今年の事業仕分けでは、以下のような構成になる様です。  1班の構成 コーディネーター1名 専門委員4名 (県民仕分け人経験者2名、行財政改革推進委員会委員1名、仕分け専門機関1名) 県民評価者20名程度  また、 1:事業説明 10分   事業を担当する県職員が、事業の概要などについて説明します。 2:質疑・議論 30分   専門委員が担当職員に質問します。その後、専門委員の意見・提案をいただき、全員で議論します。 3:評価・まとめ 10分   県民評価者による多数決による判定を行い ...

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 2011年静岡県事業仕分け

静岡県の事業仕分け その後 2010/10/29 23:21 最終編集: Tosiki Saito

ことしの9月に仕分け人として参加した、静岡県の事業仕分けですが、静岡県の各部局から予算案が出てき始めて、仕分け後の静岡県庁内の対応の様子が、今日の朝刊に出ていました。 事業仕分けの意味は、厳しい財政の中、何に集中して資本を投下するかを考える事です。 これまで行われてきた事は、議会の審議を経て行われているはずですので、基本的に意味のない事業はないわけです。 そんな中、廃止や見直し(縮小)と私たち民間の委員が結論づけるには、現在の社会状況や他部署や他の自治体の類似の事業と共同して行うべき事や効率的な予算の使い方として、継ぎはぎだらけになっていて非効率な事を改め、効果を上げるための検討を、しっかり行ってもらいたいと考えたからにほかなりません ...

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 静岡県の事業仕分け その後

静岡県事業仕分け2011年 2011/08/22 3:25 最終編集: Tosiki Saito

静岡県の事業仕分けの案内の書類が届いた。 今年は専門委員としての参加となります。 今年の静岡県の事業仕分けでの最終判断は県民評価者となって参加する方々なので、今回の私の役割(専門委員)は県民評価者が判断を下すための議論を、静岡県の事業担当者と解りやすく行うことになります。 そこで、論点の明確化として、事業の目的、数値的な目標と達成率、その事業の現状での問題点などが明らかになってくるように質問や社会環境から見た疑問などをぶつけることになりそうです。 あるときには他で見聞きした事例からの提案などもする必要があるのかもしれませんね。 今年の静岡県の事業仕分けは昨年までと比べて、1事業あたり、倍近くの時間をかけるようなので ...

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 静岡県事業仕分け2011年

平成24年度ふじのくに士民協働事業仕分け 資料 2012/06/09 21:41 最終編集: Tosiki Saito

静岡県から平成24年度のふじのくに士民協働事業仕分けの資料が届きました。 今回の資料は、今年の事業仕分けを行う事業1次候補60事業の資料です。 この中から、事業を仕分けを行う事業を30事業程度に絞り込みます。 1つ1つの事業は、それぞれに意義ある事業だと思いますので、 しっかりと、吟味させていただきます。 という訳で、日曜日なのに事務所で仕事してます。

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 平成24年度ふじのくに士民協働事業仕分け 資料

平成24年度”ふじのくに”士民協働事業仕分け 2012/05/21 17:57 最終編集: Tosiki Saito

昨年、一昨年に続いて、今年も専門委員の案内が来ました。 この、静岡県の事業仕分けに関わると、ほぼ1ヶ月ほどは集中して、担当する事業について調べたり、質問したり 他県の事例を取り寄せたりするので、結構なハードワークになります。 その期間には通常業務が滞ることになるので、私などのような事業だと、収入も滞ることになっていました。 それでも、自分が納得する形で事業仕分けに関わりたいと思っているので、 今年も専門委員をお受けすることにしました。 今年は、どんな事業を担当するか楽しみです。

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 平成24年度”ふじのくに”士民協働事業仕分け

23年度 静岡県事業仕分け資料 2011/08/30 23:35 最終編集: Tosiki Saito

静岡県から23年度の事業仕分け用の資料が届いた。 これが、結構しっかりと読み込まないと、なんのことやら解らない。 昨年の事業仕分けでも、読んでは調べ、調べては質問の繰り返しでした。 今年は専門委員としての参加なので、昨年より高所よりの視点も求められそうです。 事業シート。 こんな事業シートから読み解かなくてはなりません。

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 23年度 静岡県事業仕分け資料

9月19日に23年度静岡県事業仕分けの勉強会 2011/09/16 2:28 最終編集: Tosiki Saito

2011年9月19日に静岡県庁で23年度の静岡県事業仕分けに関する勉強会があります。 今回の役割は、事業の判定を行うのではなく、判定を行う県民参加者にとって、いかに、解りやすく論点を展開出来るかが重要になるので、委員内で予め論点の整理のための、勉強会だそうです。 他の方の視点に興味があります。楽しみ?

なんでも書きとめてみよう。 ‎>‎ 9月19日に23年度静岡県事業仕分けの勉強会