MacBookAirの症状

完全にHDDがだめみたい。
どうやっても、起動しない。
こうなると、ディスクドライブを持たないマシンはつらいね。
そこで、いろいろ思案したあげく、外付けのHDDにOSを入れておいて、使いたいときに使うようにできないかということ。

もっと、進めてみると、OSを含むシステムそのものを入れた、持ち運び型のHDDに普段から必要なもの、作業環境用のアプリやメールやログイン情報をまとめておけば、どこに行っても、マシンさえあればOKになりそう。
Mac用とWin用をパーテーションを切って持っていれば身軽になりそうですね。

とりあえず、40GのHDDにOSを入れて設定してから、MacBookAirに接続して起動してみました。これは、当然のことのようにあっさり起動。あたりまえだね。

AirのHDDにアクセスしようとすると修復不可能となってアウトのよう。
1.8インチのHDDを買うまでは40Gの外付けHDDでの作業となりそうです。
ノートの余りのHDDなので、2.5インチと小さいのが救いですけど。。。

空いているディスクといえば、iPhoneが小型で調子良さそうだけど、iPhoneをUSB接続して外付けHDDの代わりや、Bluetooth接続で起動ディスクにできたりしないのかな。
私などのようなおじさんのiPhoneは16Gのうち12G空いてるので、有効に使いたいんだけど。
そんなツール?ユーティリティってないのかな。
Comments