Bianchi Fenice と MAVIC Ksyrium SLS 約1,200km

2018/08/31 0:09 に Tosiki Saito が投稿   [ 2018/08/31 0:10 に更新しました ]
Bianchi Fenice MAVIC Ksyrium SLS

MAVIC Ksyrium SLS と約1,200km走ってみました。
印象は、登りでの軽さはほんの少し感じたくらい。
平地でのスピードが上がったのが収穫といえば収穫。
追い越された時とか、前に追いつきたい時に、すぐにシピードが乗る感じで、自然とアベレージが上がっているようです。
これは、古いmavicリムと手組のホイールに比べて、ホイール全体の重量が軽いのと、きっと剛性が高いためではないかと思われます。
登りでの印象が薄いのは、古いmavicリムと手組とリム外周の重量がそれほど違わないのかとも思ったりしています。
剛性が高いMavicSLS を登りで踏み切れていないのが問題かも。
もっと、踏み切れるパワーと心臓を手に入れる必要がありそうです。
これは難しいかもね。
Mavic純正のリアタイヤがパンクしてしまったので、Vittoriaの練習用タイヤ(チューブラー)をつけてるけど、もう少しグレードを上げると、軽くなって、登りでも違いが明確になるのかもしれないね。
しかし、この二ヶ月ほどで2度のパンクは痛いな。
台風や雨風で山道が荒れて、枝を踏む機会が多かったとはいえ、ちょっと痛い出費なので、値段は気になるもんね。