DisplayPad

2011/01/14 18:43 に Tosiki Saito が投稿   [ 2011/01/14 19:05 に更新しました ]
WiFi環境にあるMacとiPadでdisplayの拡張が出来ます。
MacBookPro17のサブディスプレイにしてみました。
ミラーリングもできるので、対面で説明するときに便利そうですね。

この系統のアプリがあればいいなと思っていて、いくつか候補にあげていたのですが、今日(2011.01.15現在)、このDisplayPadが115円だったのでダウンロードしてみました。
同系のアプリでは最安値ですが、使い勝手はどうでしょかね。

それにしても、MacBookPro17の1680X1050の領域でさらにサブディスプレイが欲しくなる現状ってどうなんでしょうか?
ただの贅沢かもしれないな。そんな昔じゃなくても1024X768で仕事してたように思いますね。
これぞまさに、消費型資本主義かもね。

このDisplayPadは紐付き脱獄してiPadにインストールしているScreenSplitrの逆ですね。
また、iPhoneやiPadのVNCクライアントのように何を操作パネルにするかによっても使うツールは変わってきます。webサーバとMacならVNCやRemoteでしょうしね。iPhoneやiPadようのRemote系のアプリも使い方次第では面白いかもね。
起動中の事務所Macに3Gで接続して作業できたりすることも考えちゃうね。全てをクラウド系のサーバを利用するのも一つの考え方だし、それぞれの最適なスタイルを考えてみることにしますね。