ちょっと気になった

2011/01/05 21:02 に Tosiki Saito が投稿   [ 2011/01/05 21:29 に更新しました ]
中心街に事務所がある関係でもないでしょうが、何かのついでにエレベータやエスカレータをよく使う。
昭和30年代生まれの私の両親は昭和一桁生まれで、そんなにエレベータやエスカレータを今の私ほど使っていなかったと思うのですが、小さな頃に静岡の松坂屋などでエレベータやエスカレータに乗るとき、自分の持ち物を体の前に抱えるようにする事をうるさく言われた。
いまでも、癖になっているのかエレベータやエスカレータに乗るときにはバックを前にまわすようにしてしまうのですが、どうも、そんなことをしているのは私だけなのでは、と思えるほど出合わないのですが。

今日、エレベータで年配のご夫人のディバックでボディーブローを食らった。大きな声で「イタイ!」と言ったのに、無視された。
背中に背負ったものは体の向きを変えるときに障害物になる事をご存じないようですね。

東京など静岡より混雑するような街ではどのようになっているのでしょうかね。たまに行く渋谷や新宿では気になった事がないので、静岡のように、無意識に傍若無人な振る舞いをする方が少ないのかな。
静岡でも朝の通勤電車ではどうなっているのだろうね。

まー。考えようによっては、それだけ、のどかな街なのかもしれないですが。

週刊文春の1月13日号の「最後に暮らしたい町」の記事で藻谷さんが静岡市をいくつかの項目で取り上げていたように、悪い町じゃないとは思っていますが、エレベータやエスカレータ、人ごみでは自分の荷物は自分の体からはみ出さないように持つ工夫くらいしてよ。
年配者がしっかりと押さえるべき事や場面を実践していないとカッコわるい。ズルズルダラダラの街になっちゃうじゃないか。範を示してくれるのが大人だろう。と、大人になれない自分にカツ!