静岡県の編成中の2011年度予算

2010/12/01 16:39 に Tosiki Saito が投稿   [ 2010/12/01 16:56 に更新しました ]
今年の9月に関わった静岡県の事業仕分けによる見直しが反映された? はずの編成中、要求段階の予算が発表されています。
静岡新聞記事によると財源不足は411億円との事ですので、更なるスリム化が求められますね。

静岡県の事業仕分けに関わったときにも書きましたが、これまで行って来た事業や行うべきだと思える事業に、いい加減な事業や行ってきた当初の考え方が私利に走ったような事業があると思っている県民はいないです。

それでも、見直しを迫る理由は、時代の変化と厳しい財政の中、可能な限り未来に多くのオプションがとれるよう受け渡す義務が、今の私たちにあるのではないだろうか。
私たちがした借金のために未来の事業が制限されたり、化石となった許認可の規制が不利益になってしまう事のないように努めながら、将来の飛躍のために予算を集中させるべきだろうと思っています。

事業仕分けは、将来に何を見ているか(ビジョン)が成否を分けるポイントです。
行政の担当者から予算の要望がされた後は、政治の責任が重要になってきますよ。

マスコミも行政のトップのビジョンや委員会に参加している議員の活動を注意深く追いかけてもらいたいですね。